立場が違えばワールドが変わって思える筈

秋空に、飛行機雲が長く伸びています。
なんとなくお洒落で、ゆったりとした眺めに見えますが、それは地上から見ているからだ。
真に周囲で見たら、それは壮絶な風景に見えるでしょう。
なにしろジェット旅客機は、時速800とか900間隔という、途方もない速度で飛んでいるからです。新幹線のおよそ3ダブルだ。
時速300間隔で疾走する新幹線を周囲で見ると、そのすさまじさに圧倒されます。そのビデオを3ダブル速で見たら、それがどれほどのパワーか極めるでしょう。
しかもジェット・エンジンは、音調も凄まじいだ。
昔と比べれば最新のエンジンは、かなり静かになったと言われています。それでも、地響きですことに違いはありません。
それは、飛行場の人員が、レシーバー種別の耳栓を通じて作業しておる状況からもわかります。
とある科学企画の中で、著名な物理サイエンティストがこんな例えとしていました。
ピンと張られた一本のロープは、奴には線のように当てはまる。しかし、ちっちゃな昆虫にとっては、あたかも要所のように窺えると。
このように物事のアングルは、洞察輩の視点が変わる都度、大きく変化します。
日頃、われわれが見ているたわいない日常的な文も別の視点からすれば、スゴイ非日常、まったく違う業界に見えるはずです。

目下我々がハマっておるレジャーを紹介します!

こんにちは。
近年自身はケータイのアプリケーションにハマっていらっしゃる。
その中でも特にイチオシのアプリケーションが「マッチ王さま」です。
マッチ王さまは自身が小学校の頃にアカデミー中で流行っていたカード遊びの漫画だ。
現在もスピンオフ品物が作られ続けていて勢いが継続しているのが凄いと思います。
こういう「マッチ王さま」のアプリケーションは、最初のマッチ王さまがメインになっているので自身にはドンピシャのアプリケーションだ。
総合全力ボイスで作られているのも当時を思い出して懐かしいガッツになれますし、グラフィックもとてもリアルで繊細で綺麗なんです。
カードのプログラムを買ってカードを手に入れるあの体感もアプリケーションで味わうことができます。
まだカードの種類は少ないですし、これからどんどん加算されて行く日取りだとは思いますが今の時点でも充分に色々な対策を立てることができます。
それもマッチ王さまの喜びなんですよね。
スマホアプリなのでネットを使って全国のプレイヤー様らとWEB戦いができるのも大きな魅力ですね。
ついついスマホアプリに課金してしまう相性なので心掛けながら遊びしていきたいと思います。
それでは!

目下、積み重ねることが出来ている御弁当内容。

目下、御弁当開発を順調に積み重ねることが出来ています。
前より、やることが増えて、そのぶん時間も少なくなってきているはずなのに、
ストレスなく、保ています。
今日の御弁当は豚のロース丼とゴボウの炒めたのを作りました。
ゴボウの炒めた食べ物は、
往時、よくマミーが作ってくれた懐かしい風味がして、
食べると和み、美味しい味がしました。
1読み物のゴボウで作ったのですが、量的に1読み物だと少ない感じがしたので、
豚のロース丼があって良かったなと思いました。
最初は豚のロース丼を設ける魂胆はなかったのですが、
ゴボウの炒め代物の出来上がり高が少なすぎたのと、
前に御弁当を作ったときに残っていたロースの残りを片づけたかったので、
急遽、豚のロース丼を作ったのですが、
高がちょうど良い感じになって良かったです。
ただ、ごぼうの茶色、お肉の茶色で、御弁当が少し、
茶色過ぎましたように思いますが。
とも、作り方を見なくても、もう焼けるので、
また何かの機会に作りたいなと思いました。

毎晩の子供たちへの絵本の読み聞かせの反響

コチラ数ヶ月、よっぽど寝入るのが遅くならない以上家では幼稚園児の子供たちに画集の読み聞かせをしてから交わるようにしています。
読み聞かせって、脳に良い影響があるとかいうし家族の大切な期間ですとか聞いたことはあります。
でも僕は思いついた中しかこれまで読み聞かせしてなかったのです。
もしくは、子供たちにせがまれて時間にかなり余裕があるらだけです。
それなのに乳幼児が寝る頃に帰宅する父親におごちそうを試したくて乳幼児には早く寝て欲しくてなかなか寝つかない子供たちに苛立ってました。
でもふとしたら、子供たちって画集読んであげたお日様の方が快眠に取り除けるのが早い気がするなと気が付いたんです。
つまり、入眠の祭礼のようなもので寝る前に静かに、慣れている女性の感想で画集を読んで買う事で快眠に落ちやすく繋がるみたいなのです。
それを感じてからは、必ずと言って良いほど画集を読み聞かせてある。
画集の読み聞かせって実は親の脳にも良いらしいので、ボケ防止だと思って続けようと思います。
我が家の男子二人は、いつまで親の読み聞かせを楽しんでくれるのかなとそれも気になるところです。

毎晩の子供たちへのビジュアルファンブックの読み聞かせの作用

こちら数ヶ月、よっぽど交わるのが遅くならない以上建物では幼稚園児の子供たちに絵本の読み聞かせをしてから眠るようにしています。
読み聞かせって、脳に良い影響があるとかいうし家族の大切な暇ですとか聞いたことはあります。
でもわたしは思いついたポイントしかこれまで読み聞かせしてなかったのです。
もしくは、子供たちにせがまれて時間にかなり余裕がある時にだけです。
それなのに幼児が寝入る頃に帰宅するダディにお夕御飯を試したくて幼児には早く寝て欲しくてなかなか寝つかない子供たちに苛立ってました。
でもふとした時に、子供たちって絵本読んであげた日の方が快眠に降るのが早い気がするなと気が付いたんです。
つまり、入眠の儀式のようなもので寝る前に静かに、慣れている母親の本音で絵本を読んで味わう事で快眠に落ちやすくのぼるみたいなのです。
それを感じてからは、必ずと言って良いほど絵本を読み聞かせています。
絵本の読み聞かせって実は両親の脳にも良いらしいので、ボケ防止だと思って続けようと思います。
我が家の男児両者は、いつまで両親の読み聞かせを楽しんでくれるのかなとそれも気になるところです。

本日の御弁当は八財宝菜どんぶりにしました。

今日の御弁当は八財宝菜どんぶりにしました。
仕事をして、豊富御飯を食べ、プレゼント用のテラリウムを作ったからか、
消耗と眠気で何時も気分転換になっている献立もエネルギーに感じていたのですが、
せっかくコンポーネントを購入したこともあり、頑張って作りました。
八財宝菜は野菜が多く、今まで、あまり作ったことがないので、
少しエネルギーに感じていたコンポーネントもあったのじゃないかと、
今になって思うのですが、作ってみるとマシだったように思うし、
感触もいい状態で出来たと思います。
まだ食べていないので味わいは分かりません。
あたしは野菜が嫌いなので、食堂とかで出されたサラダなどは
残ると廃棄になるので勿体なく感じて食べますが、
それ以外は、あまり自分から野菜を食べようはしません。
でも、調理コツを考えてすると食べるのが苦手な野菜も、
嫌いと感じず、食することが出来るので、
自分で献立をしているのだから、自分で備えを考えて、
野菜も食べていくようにしようと思いました。

変質輩一歩手前に繋がるポイントでした。

ポイントで、サンクスから出て、さて帰ろうと思ったのですが、症状は手元にある50000円くらいの現金なのですが、これを処理するのは、結局その時点で、セブンイレブンしかないよなと思いました。
その時、隣席で別の女性と娘がいて、車種の通りを待って、車道を渡ってしまおうとしていました。
普通の個性的な風貌の女性と、ちっちゃい妻だったわけですが、その女性も、髪を一つに束ねて、メガネという初恋のはしもとよしえちゃん風の形でした。
何となく、夢物語して、意識で仲良くならない、と話しかけている自分がいました。
そると、夢物語の中で、その女房とのコメントが始まって、きっと仲良く生まれ変われるだろうと憧れ、自分としては、一緒に仲良くなろうと出来上がっていて、その母子が通った先に一緒に走っていきました。
隣席を通って、振り返って、風貌を見て、「しまった自ら、凄い不明朗ヒトがられて掛かる」と思いました。
考えてみると、変質ヒト一歩前でしたね。困ったものだ。

変質人間一歩手前に上るところでした。

店で、サンクスから出て、さて帰ろうと思ったのですが、難点は手元にある50000円くらいの財産なのですが、これを処理するのは、結果その時点で、セブンイレブンしかないよなと思いました。
その時、横で別のお母さんとこどもがいて、モデルの通りを待って、車道を渡ってしまおうとしていました。
普通の個性的な顔付きのお母さんと、ちっちゃいママだったわけですが、そのお母さんも、髪を一つに束ねて、メガネという初恋のはしもとよしえちゃん風のスタイルでした。
何となく、夢して、念頭で仲良くならない、と話しかけて掛かる自分がいました。
そると、夢の中で、その母親との声が始まって、きっと仲良く生まれ変われるだろうと願い、自分としては、一緒に仲良くなろうと出来上がっていて、その母子が通った先に一緒に走っていきました。
横を通って、振り返って、顔付きを見て、「しまった自ら、凄い不明朗輩がられていらっしゃる」と思いました。
考えてみると、変質輩一歩前でしたね。困ったものだ。

変質パーソン一歩手前に達するポイントでした。

要素で、サンクスから出て、さて帰ろうと思ったのですが、難題は手元にある50000円くらいの代金なのですが、これを処理するのは、結果その時点で、セブンイレブンしかないよなと思いました。
その時、隣席で別の夫人と息子がいて、車の通りを待って、車道を渡ってしまおうとしていました。
普通の個性的な面持ちの夫人と、ちっちゃい女だったわけですが、その夫人も、髪を一つに束ねて、メガネという初恋のはしもとよしえちゃん風の体裁でした。
何となく、絵空事して、脳裏で仲良くならない、と話しかけていらっしゃる自分がいました。
そると、絵空事の中で、その女子との話し合いが始まって、きっと仲良く生まれ変われるだろうと願い、自分としては、一緒に仲良くなろうと出来上がっていて、その母子が通った先に一緒に走っていきました。
隣席を通って、振り返って、面持ちを見て、「しまったあたい、凄い奇妙者がられて要る」と思いました。
考えてみると、変質者一歩前でしたね。困ったものだ。

普通エロいのかオジサンという事ですが

その時、レジの中年を見ながら、ずっとメガネ母子を思い出していました。
メガネの母親が好きというのではなく、明るい所帯がほしかったので、そこだけ、とずっと考えていて、利益を渡していたら、50値段くらいの中年が、ふっと笑ったのでした。
何と思ったのですが、絵空事が働き、中年くらいの年齢になると、そんな若い新婚さんよか、もっと現実の大変さを食らう歳なのかなは思いました。
考えてみると、今嫁入りを考えない、子どもを作らない皆さんも増えているという話はききますしね。
何でも、自分がじいさんになるくらい、あ、2020歳から、日本に元々いた純粋邦人の人工は凄い収まるという話だそうで、ならあの母子も頑張ってほしいなとしている。
若い人が未来を仕立てるのだからと思いながら、中年はなんだか切なげな顔付きをちょっとしてから、すぐ生業に戻っていきました。
こんな中年でも、お付き合いしたいとちょっと違う道のりにいきましたが(笑)